2010年08月28日

近況など

・近況

子供の成長って早いですね。
日々、変化していっています。
可愛い♪♪♪(←親ばか)


相変わらず自分の時間がなかなか・・・
旦那も相変わらずです(苦笑)
一時期よりはとても落ち着いたものの、今日もJC関連のようで・・・
竿灯前後は本当に頭にきましたね(怒)
練習期間も夕方からしっかり連日出席して、帰宅すると夜10時すぎ・・・
それでようやく仕事や家庭のことをやれるかと思いきや、夜中1時、2時すぎまで竿灯会の名簿作成や会計など事務処理といった雑務の日々・・・
それで終わりかと思いきや、昼間は毎日ではないものの、JC所属委員会の事業のために、学校やら動物園やら行ったりして・・・
来年も同じような状況になるの、もう嫌ですからね(怒)

竿灯期間中多忙のどさくさで、禁煙もやめたようだし(離煙パイプを使わなくなった)、約束していたコテツの世話もしてくれないし(息子連れて私が散歩行ってる・・・)。困ったもんだす。


けっこう育児、大変なんですよ。
抱っこしたりしてないと、すぐ泣くし。

にも関わらず平気で「これやっといて」と、私に仕事をよこす旦那・・・・

いまも膝に息子のせてキーボード打ってますが、時々、息子を抱えながら仕事してます・・・
退院してからすぐに、ちょこちょこやってましたがね・・・

そんなわけで、最近、だいぶ時間的余裕ができたのか、ゲームやっている旦那を見ると、

キィーーーーー!!!(怒)

そんな時間あるなら、もう少し家庭をかえりみるとか、もしくは仕事のほうもやることいっぱいありますよ?!

しかし腰や背中が時々痛くなりながら頑張って育児してるのに、あまり痩せないのはどうしてかしら・・・。困った(汗)

世の中、未婚のままシングルマザーで子供産んで、産休だけで、すぐに仕事復帰する人もいますからね。それに比べたら。。。(昔いた会社で知り合った人が、そのようだった・・・)

たくましく、やってやれないことはないが、旦那が意識変化してくれるにこしたことなく、一応、旦那に文句を言っておく。

相変わらずの近況ですが、元気です(笑)


*****

・書籍読み終わる。


自分が完全に自由になる時間は、わずかになってしまったのですが、息子を抱っこしたり添い寝したりしながら、ネット見たり、本を読んだりの時間はけっこうあったりします。

中村天風さんの「いつまでも若々しく生きる」を読み終わった。
読みやすい本で、私には面白かった。天風さんの他の本とは趣向が違う感じ。でも1万円はちょっと高いかな。(私は定価で買ってないけど)

・息をすること
・栄養を吸収すること
・老廃物を排泄すること

この3つの条件によって肉体が生きている。

空気や水、食べ物の大事さについて書かれていた。(あと神経系統に影響する積極的心構えもね)

新陳代謝が悪くて不純なものが排泄されず溜まっていくと病気になったりする。
空気は血液を浄化する。
呼吸の大切さなんかも書いていた。

病院に懐疑的な私の考えを肯定するようなことも書いていたなぁ(笑)

旦那、健康になることとは反対のことばっかりの食生活なんで、タバコやめれないなら、せめて食生活を見直してくれないかなぁ・・・


*****

他にも書きたいことあるけど、このへんで



posted by kazu at 15:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お子様が産まれたというのにJCJC忙しいですもんね。
でもそれだけ頼られてます。旦那さんは。。。

よくやってますよ〜w

私なんかシングルマザーですからね、JCだYEGだアレだコレだと出かけてまして・・・しょっちゅうブチ切れられてました(親に

迷惑かけてる事も重々わかってるんでが・・・。
結構葛藤してましたねー。。。

再婚しようかしら(え
Posted by えっこ at 2010年08月31日 10:06
えっこさんへ

>再婚しようかしら(え

このコメントに旦那、笑ってた(笑)

旦那いわく、頼られているというより押し付けられているような・・・と言ってます(笑)
そう言いながらも引き受けてしまうのは嫌いじゃないんでしょうね(苦笑)

えっこさん、いつも偉いなぁ〜と思ってました。いろいろ参加したり。
しかしその裏で葛藤があったんですね・・・

私もこれから先、仕事とYEG等の参加と家庭とのバランスに悩むと思います・・・
難しいですねぇ。。。
Posted by kazu at 2010年09月01日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40406386

この記事へのトラックバック