2010年10月03日

うだうだ

・気になる本








***

・感謝

この世の最大の不幸は、貧しさや病ではありません。だれからも自分は必要とされていない、と感じることです。(マザー・テレサ)


 *
(2009年04月11日の日記より引用)

アインシュタインが講義の後に次のような質問を受けた。

「人間は何のために生きているんですか?」

アインシュタインは、「他人のためです」と答えたという。

アインシュタインに限らず、真理を探求する偉い人は、やはり同じような結論を得るとのこと。

より多く他人のために与えた者は、より多くの見返りを得る。
(見返りは、金銭、物品とは限らないが)


中村天風が修行中に師から次のような質問を受けた。

「お前は、何をしに生まれてきたのか?」

それに対して天風は考え続けた結果、宇宙の正しい姿である「進化・向上」に順応すべく生まれたとの結論に至る。

宇宙は、いま現在も、拡大・成長を続けている。
つまり、大宇宙そのものは、進化・向上・成長していくのが自然の姿なのだそうだ。
それゆえ、その一員である人間も、やはり進化、向上すべく生まれてきたのだそうな。他者に貢献していく生き方も、進化であり向上と言える。

<参考・引用文献:中村天風に学ぶ/著・松本幸夫 総合法令>

 *


ちょっとこれを書くのは気恥ずかしいのですが、1日のうちに何回も(下手したら何十回も)、私は心の中で、「ありがたいなぁ〜」と頻繁につぶやいています。
他の人からしたら呆れるほど、ささいなことかもしれないことでも。

例えば、ガソリンスタンドにいって、ガソリンを入れる。
ガソリンスタンドがあるおかげで、ガソリンを入れれる。そういった何気ないことでも、そこに働く人がいるおかげで不便しなくてすむ、ありがたいなぁ〜・・・・っていう感じに(苦笑)

我ながら、そんなささいなことにまで感謝する自分に呆れますが、ありがたいと思えることがいっぱいあり、とても恵まれてますね。

自分がいっぱい受け取っている分、返せるようになったらいいのですけどね。


****

・友がみな・・・

友がみな我よりえらく見ゆる日よ花を買い来て妻としたしむ ・・・(一握の砂by石川啄木)


この句、なんか気に入ってるんですよね。
絶妙な表現ですよね。

関東にいたときに知り合った人が、また1人、また1人と、次々と出世されて書籍等を出されたり・・・
あの人までが・・・
嬉しく思う反面、「友がみな・・・」の気分にちょっと。

セルフイメージ・・・
つくづく、限界というのは自分でつくるんだなぁ・・・、限界と自分で思わない限り限界ではないもんなぁ・・・とか、漠然と考えたりしていた。

秋田県人、頭いい人は多いのに、他県に比べ、いまいち低空飛行気味なのは意識の壁が障害になっている部分もあるのかなぁ〜とか、ちょっと思った。(自戒もこめて)


まったく自分より遠い存在の人のことなら気にならなくても、近い存在だったことがある人というのは気になったりするものである。
相対的な価値観であり、比較しても仕方ないのに、比較してしまうのは人間の性(サガ)。
黒い感情はコントロールしないといけませんがね。
黒い感情が暴走し、殺人事件に発展することもありますから。

結婚、出産、お受験、仕事、出世・・・

自分だけ・・・と、取り残された気分になっている一方、別のところで別の人が取り残された気分になってるかもしれない。
人生、そんなもんですよね。多くの人、言わないだけで。
だから、ひがむべからず。気持ち切り替え、前向きに。

いま持っているものを大事にするべし。
変わらなかったものは静かに受け入れる心の強さが大切です。

しかし、変わるものは変えようとする努力もとても大切なわけで、どこで気持ちを切り替える決断するか・・・って難しいですよね。

(あまりそれ以前に変えるための努力してないですが(苦笑))


「あなたの幸せがここにある」
 
幸福な人は、変わるものは変えようとします。
変わらなかったものは静かに受け入れます。
 
幸福な人は喜びを大きくして悲しみを忘れます。
 
幸福な人は「愛する」という言葉を最初に学びます。

幸福な人は「ノー」と言える「ちょっとした勇気」を持っています。

幸福な人は幸せをつかむ努力をします。
不幸な人は幸せに見える努力をします。

幸福な人は、自分に本当に必要なものは何かを知っています。

幸福な人は、幸運を必ず生かします。
 
幸福な人は、自分を信じて決断します。

<引用:続アメリカインディアンの教え 著・加藤諦三著より>



****


・フォロー(?)

後から旦那に前回の日記を見られたとき、「また俺の悪口ばかり書いて・・・」と、言われそうなのでフォローしておきます。

まぁ、そんな悪いところばかりじゃないので(笑)

私もいろいろと性格とかにクセあるので、扱いずらいのはお互い様ですね。

オールマイティに、非の打ち所なくバランスよく、人格がよい人というのはなかなかいないものである。

良いところもあれば悪いところもあると、デコボコなのが大半の人でしょう。

自分のことはさておき、他人の悪いところばかり指摘しケチをつけるのが得意で、どんどん絶縁し自分の周りから人を排除する人は、かわいそうな人だと思う。

たまに自分のことは省みないで、他人に対して採点厳しい人がいる。
そういう人に限って、その人の悪い点を指摘したりしようものなら逆ギレしてきたり・・・(汗)
自分のことは見えにくく、他人のことは見えやすい。

自分に甘く他人に厳しい人にならないよう、気をつけたいですね。
私もまだまだですが、寛容よろしき・・・に、なりたい。


余談ですが、外では、旦那のほうが外面よく調子よく喋れ、私は特に自分のことになると話下手。
そのため自己弁護がうまくできず、理不尽や、なんか旦那ずるい・・・と思うことも時々あったりしますが、他人の評価を気にせず、別にいい人と思われなくてもいいやん・・・と、開き直ってからは気が楽になりましたね。(特に旦那の実家に対して(笑))

B型の人って、マイペースで自己中心的に見られがちだけど、実は他人にすごい気をつかったりしていて、にも関わらず日頃の言動が災いして理解してもらえない要領悪い不器用タイプ、多くないです?
・・・と、自分だけでないと慰めてみる(笑)

posted by kazu at 14:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
右端の社会保険料の計算シート合ってますか。
なんか違うような気がするのですが。
気のせいですよね
もう少し天引き高いようなきがするのですが。
9月からは。
Posted by しげ at 2010年10月03日 15:27
しげさんへ

多分、厚生年金は合っているけど、健康保険は間違ってると思うよ。
私も前に「あれっ?」って思った。
でも、ざっくりどのぐらいかを知るのには便利に使ってるけど(笑)
利用にちょっと注意が必要っす〜
Posted by kazu at 2010年10月03日 16:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41065986

この記事へのトラックバック